当たり前だったSMAPという存在。

12月20日仕事終わりに、TSUTAYAに行きSMAPベスト買いました。

 

その前日にスマスマを見て、購入を決めました。

 

今年の1月に解散騒動があり、8月に解散が決定して、残りわずかでSMAPは解散します。SMAPが特に好きとか、熱狂的なファンではない私ですが、SMAPが解散して、5人が揃ってTVに出ることがなくなると思うとなんだか悲しいとか、淋しいとかそういう感情と共に、今までの当たり前がなくなるのだと改めて感じます。

 

幼稚園児のとき、何度も『夜空ノムコウ』を繰り返し聴いていた。

 

小学生の時『慎吾ママのおはロック』体育祭の時に踊ったなぁ~。

『学園天国』も踊ったなぁ~。

 

小学4年の時の担任の先生がSMAPのファンで『世界に一つだけの花』を道徳の時間に

教えてくれて、今でも歌えます。

 

SMAPのアルバム【ウラスマ】がなぜか家にありました。これはなんであるのか憶えてないけど、『オレンジ』と『恋の形』『言えばよかった』はずっとリピートしてたな。

 

『Dear WOMAN』は中学生のとき吹奏楽部で、演奏したなぁ~。

 

他にもSMAPの楽曲はどれも印象に残る曲ばかりだし、ふとした瞬間にスマスマ見たらおもしろいコントしてるし、本当に好きだった。

 

個人的にスマスマコントで、印象に残っているのは、

Pちゃん スイカの名産地、ダメ人間ですわ、カツケンサンバ

 

そして『歌え! アイドルキックオフ』

本当に腹抱えて笑った記憶がある。小学生だったから親に怒られながらみてたなぁ。

 

ごろちゃん復帰の回も見たな。

 

今このブログを書いている時SMAPベストを聴きながら、SMAPの今まで刻んできた歴史を感じています。

 

 

SMAPの終わり方は本当に残念です。

 

解散に至る経緯はわかりません。週刊誌が報じることが事実なのか嘘なのか。

それは私たちには知り得ません。

 

ですが、SMAPが今まで歩んできた道は真実で、確かなもの。

5人がこれから歩む道が輝かしいものになるように祈ることしかできません。

 

また5人が揃って今まで応援してくれていたファンの皆さんの前に出てきてくれることを切に願っています。